血液透析といいますのは、血液浄化療法の中の療法のひとつ

まず、このサイトの管理人は、医療関係者ではないことを念頭においてお読みください。が、多分に母 ちひろが受けている療法がらみのことには、関心がありますので、精一杯 勉強をして ここに掲載させていただきます。
間違いは、その都度訂正とお詫びをさせて頂くことになりますが、広い気持ちで受け止めてくださいね。
こちらを訪問してくださった、あなたご自身、そして、あなたの大切な方の よりよい人生が開かれることをお祈りしています。

血液透析といいますのは、血液浄化療法の中の療法のひとつです。 病院によっては、血液浄化療科という科目も存在しているようです。 間欠血液浄化療法と、特殊血液浄化療法に分けられます。
透析患者さんが受けているのは、間欠の方です。
但し、急性腎不全になりますと、特殊の方で対応するようになります。 では、間欠血液浄化療法の説明に行く前に、血液浄化療法について・・・浄化の意味ですが・・・・カルタシスといったほうが、わかりやすいかもしれません。
心理学的には過去の苦痛な想いから解き放たれ、気持ちが軽くなるという意味合いで解釈されるかと思います。
医学的には、(おそらく)この過去の澱のようにたまっている物質を取り除くという解釈でOKだと思います。
それでは、その不要の産物を抱え込む血液とは?ということになりますね。

血液の顔を知りたくなります。なりませんか?

みなさんは、いかがですか? ご存知の方は、さっさと読み飛ばして進んでください。 血液のプロフィールについて調べてみました。
血液とは???? 血液に関する基礎知識(看護学校で、講師をされていた方のページ)
それでも難しい方は、というかこれは難しいと思います。 こちらで、理解を深めてください。
薬剤師をされている方のページです。
これでも、わからんと言われる方は、私の説明をお読みください。
知識のある(たとえば、医師とか技士とか看護師は、シロウトがわからないことがわかりません。当然です。)人たちが、私たちに説明するのは、とても大変なことなのです。
みなさんも、ご自分の専門の分野を、全く知らない人にお話しするのは難しくはないですか?それと、同じことです。だから、少しでも歩み寄りましょう。 勉強をすると、自分が、ラクになります。