ビフィズス菌HD配合成分が変更されていました

当方のページに掲載しています配合成分は2013年のもの。 2015年12月から一部変更された処方を ご覧くださいね。森下仁丹さんの企業努力を感じる変更です。

しっかり透析をすれば何でも食べれるようになれるかな

長時間透析をしている患者さんに聞くと、リンのお薬はいらなくなったそうです。
カリウムだけは気をつけないといけませんが、あとはバランス良くもりもり食べて動いてしっかり透析で 社会参加も自己実現もできますね。 食べることは本当に大事です。お野菜もカリウムさえうまく調整すれば美味しくいただけます。
いま、我が家は無農薬野菜を試食中です。定期購入を視野に入れています。

腎臓病や透析導者、糖尿病のかたの宅配弁当

持病があると食事制限が厳しいですね。わたしは、母親のために透析食を10年に 渡り用意しています。すこし、目先を変えたくて今回、管理栄養士さん監修の たんぱく調整・減塩食をお取り寄せしてみることにしました。すこしづつ更新してまいります。
ご参考になれば、幸いです。

朝日新聞社知的財産センター様に認可を頂き掲載しています

難病患者の情報蓄積へ 厚労省委
患者選定ミス「意識の欠如」 第三者委、移植ネットの体制批判
http://www.asahi.com/ad/ckd/慢性腎臓病(CKD)セミナー

わたしたちが出会ってきた頼りになる医療者のご紹介 動画にリンクしています

数野先生には、何度も何度も相談に乗っていただき助けていただいております。 わたしたち親子も時々勉強会に参加させていただいています。会場でお逢いしましたらお声賭けお待ちしてます。

いのちに寄り添う(2013年9月10日(火)びんご・生と死を考える会(過去録)
びんご・生と死を考える会 代表 数野 博さんに「ホスピス活動の普及」をテーマにお話頂きました。

岡原先生にハグをしてもらうと元気倍増です。まだ4度しかお逢いしたことがありません。
うちの母は、まだ3度かな。おミカンも好きなので周防大島にも行きたい!
こちらは、2014年3月に報道ステーションで特集された内容です。
島全体が家族のように高齢者を包み込む、“大往生の島”にすることを目指す岡原医師 動画になります。

透析治療で悩んだとき、介護で行き詰ったとき頼るのがこのbbs/お医者様

松江腎クリニックさん。透析者は、皆さんよくご存知だと思います。
回答を下さるお医者様は個性派ぞろい。 偶然にも透析生活に入る前に読んでいたブログの書き手も、この中にいらっしゃいます。どなたかは内緒です。(^^  

2004年より透析治療をさせていただいてます

母がお世話になるクリニックの非常勤の先生方が、とても頼り甲斐のある方たち。
もちろん透析スタッフさんたちも本当によくしてくださいます。 臨床工学技士さん、レントゲン技師さん、検査技師さん、ナースさん、看護助手さん、事務の皆さん、そして管理栄養士さんにも、透析者さんにも感謝。
透析クリニック情報は非公開を院長から命ぜられ伏せております。
初期スタッフさんには不快に感じられる かと思いますが、ごめんなさいです。

情報を集めました。リンク集ご活用いただけますと嬉しいです。

後藤健二さんが、わたしたちに伝えたかったこと

トークショーやソマリア取材など動画を集めています

透析施設のご紹介・患者さんのお役に立ちそうな情報を収集

意外にご存じない方が多い。障害年金制度。こちらで相談に乗ってくれます。
障害年金サポートセンターhttp://www.syougai.jp/
あなたの大事なご家族、とくに高齢になると透析中止や介護の必要に迫られ透析難民に なることも考えられます。介護サービスを利用する方法もあります。そして、いちばんベストは 高齢者に優しい透析施設ではないでしょうか? 少しづつしか調べることができませんが、掲載していきます。
医療法人 社団 三杏会 仁医会病院□高齢者に手厚い透析看護(入院透析)をしている医院。 環境問題にも取り組み、働く側の福祉にも気配りを感じます。

サイト内の主な内容など


透析導入記録

2005年食事録

医療者の著書

思いやり医療

リニュアールの目的

参考情報リンク先

医療者ブログ

お問い合わせ

心肺蘇生法

AED法を学ぶ

村田漢方堂薬局 漢方医学・薬学専門医、そして漢方に関心のある方、是非訪問してみてください。山口県下関市の村田漢方堂薬局の村田氏は、論文発表、著書など豊富な研究熱心な方です。漢方のことは、このサイト一見の価値あり

*お知らせ*

*ちひろ姫の近況*

dddddddddddddd
d
主人公『ちひろ姫』の飛び飛び病歴/サイト更新
2016/12/2 先月末に頚部造影剤CT検査
2016/6/29 森下仁丹さんのビフィズス菌HDサプリの手ごたえ記事UP
2016/5/19 森下仁丹さんのビフィズス菌HDを飲み始めて半年。快腸です^^
2016/5/19 ついにリン吸着の薬“リオナ”を始める。
2016/5/18 頚部エコー検査では、年齢の割にはおキレイですとの技師さんの所見
2016/4/1 下肢造影剤CT検査結果で動脈硬化ありの所見
2016/3/25リンが3ヶ月連続で7台。
2016/1/25帯状疱疹神経痛が治まり食が戻り、リンが7台にまで上昇。
2015/12/25食が細ってリンが2.3にまで低下・ネオアミユー開始
2015/10/25帯状疱疹後遺症がいまだ続く
2015/6/17 バルトレックス処方 副作用等で苦しむ
2015/6/14 背中に発疹発見 なんと帯状疱疹とのこと
2015/5/8〜現在5/19 シャント側の手の甲にガングリオンできまして、痛む痛む
2015/4/30 頼みの非常勤医師が退職。地球上のどこにいらしても医療活動をがんばっておられると信じてます。
2015/4/25 みなさまの支えでお誕生日を迎えることができました。東京オリンピックが次なる目標
2015/3/30 シャントの抜糸をしていただきました。いい音がしています
2015/3/9  シャント再建手術を非常勤医師(心臓血管外科医)にしていただく。深く感謝!
2015/1/1  元旦 透析スタッフさんのおかげで新年を迎えることができました。感謝!
2014/12/22 年末年始は透析がないため、今週は日曜日も透析
2014/11/16 腎友会主催の日帰り旅行に参加
2014/11/12 インフルエンザ・肺炎球菌ワクチン接種完了
2014/9/26 透析生活史上最大の衝撃詳細は11月に
2014/9/24 サイト公開開始(^^
2014/9/12 サイト再構築を少しずつ
2014/6/25 無事退院
2014/6/12 小腸イレウスにて入院
2014年6月12日イレウス(腸閉塞)の治療のため入院そして退院 そもそもは6月5日の嘔吐から始まります。ブラックに近い緑色の胆汁が滝のごとく口から溢れ出ました。 腹膜透析をしている人や、していた人は、イレウスになるリスクが大きいとのことです。そういう前もっての情報は、いらないという人も、助かるわぁと言う人も人それぞれでしょう。知識として知っておいて損はないかと思います。 入院治療は中国中央病院でした。
2010/11/3 透析生活7年目突入
2009/9/7 ようやく微熱が治まる
2009  いつの間にか会話が減る
2009/9/4 微熱が続く
2008 トラブルなく透析生活送る
退院当日 ちょう外科医院院長先生
お見舞いに来てくださる。感激

2007/11/17 セントラル病院退院
2007/8/16  セントラル病院入院
2007/8/4  左大腿頚部骨折
2007/3/27  メディカルサポート
2006/12/28 右手腱移行手術
2006/10/10 人工骨接続手術
2006/10/8  大腿骨骨折
2005/3/25  HD開始
2005/3/22  シャント形成
2005/3/7  CAPD離脱
2004/11/3 CAPD始める


d
dddddddddddddd
有機野菜や自然食品など安心できる食材・食品の通販宅配サービス

*医療・透析関連情報*

医療・透析関連情報
1日せいぜい30円の下痢薬が糖尿病性腎症に有効か、透析の最大要因に一石
医療法人社団 聖仁会 横浜甦生病院では、人工透析治療を受けている患者様の入院療養に対応・ 認知症関連症状への精神科治療にも対応・通院困難者の救済。頼りになりそうですよ。
中日メデイカルサイトさんの医人伝は、医業に懸命に取り組んでおられる医師や看護師、研究者、 医療現場で多くの方を幸せに導く援助をされてる人を知ることが出来ます。
腎臓病患者で検索すると、これだけの記事がヒットします。

日本の医療崩壊の背景と解決策を 福祉国家という視点で描き下ろしした名著「起ちあがれ日本の勤務医よ」
開業医でも業務から逃げてる医師ばかりではありませんが、勤務医は本当に大変です。