透析生活を支えてくれる医療者の皆様にはいつも感謝

 

管理人が透析者の家族として医療現場を見つめる機会をもらい、感じたことなど綴ります(2006/11/17)

よい医者は、一般開業医にしても専門医にしても、患者の病気 とともにその人柄をよく理解しようとする人

医者とは? 病気とは? 生命とは? ヒポクラテスからウッディ・アレンまで古今東西さまざまな人々が“医”を めぐって呟きもらした名文句を つぶさに収録。
医療と人生についての毒舌・警句・名言集成してある本があります。
「医」をめぐる言葉の辞典―... この中に、よい医者は診療において明敏、治療において賢明な人だが、 しかしそれ以上に患者のためを思って骨惜しみしない人であり、その上また、患者を一つの症例としてのみでなく、一人の人間として接する人である。
よい医者は、一般開業医にしても専門医にしても、患者の病気とともにその人柄をよく理解しようとする人である。 と、言う文があります。 多くの患者が望む理想の医師像を、この文は言い当てていると思います。

専門性が高まるとわからない人のわからないがわからない

母ちひろが、医師に望んだのは ただひとつ。
難しい言葉でなく、自分にわかるように、自分の今の状態、 これからの治療のことを話して欲しいということでした。
いわゆるインフォームドコンセントです。

信頼を築くのには時間がかかるけど、失うのは一瞬

説明をしてくれる医師は、少なくはありません。
しかし、専門用語を羅列されては理解ができないのです。
しかし、自分の身体のことですから、シロウトなりにも勉強はしてください。
正直、わたし(みさと)は、全てを医師任せにせず、自分で調べてみることが、大切なことだと考えています。 中には、シロウトのクセにと不愉快に感じる医師もいるでしょう。 ですが、健康を損ねているのは自分自身であったり、大切な家族なのです。 健康を取り戻すために、敵の正体を知ろうとする姿勢は、 いつか医療関係者にも認めてもらえると思います。 たとえ、受け入れてもらえなくても、うとんじられても、学んだことは無駄にはなりません。
『難しいことは、お医者さんにお願いしよう』・・・こんな風に信頼できる医師に出会えた人は幸せです。
でも、それでも、少しは自分の身体のことを知ろうとしてください。 自分が今、どんな薬を飲んでいるのか?
今後の治療はどうなっていくのか?

相手の立場や状況に配慮しながら言葉をつむいでいきましょう

いい意味で、医療に疑問を持ってください。
医師に素直に話してみてください。 多忙な医師の仕事を理解して、言葉を飲み込んでいませんか? その気持ちを医師に伝えてみてはいかがでしょうか?
ゴマすりなんかではありません。相手に理解を示しているということも、心で思っただけでは一歩通行です。 思い切って、言ってみてください。
休みも充分取れずに、患者のために身を粉にして治療にあたっている医師の姿をあなたは、どう感じていますか? とにかく病気から解放されたい。医師もそうです。 ひとりでも多くの患者を病から救い出し、日常を取り戻してあげたい。 医師の喜びは、これに尽きるのではないでしょうか?

治りたい 治したいの両輪で病を遠ざけましょう

医師と患者と、患者の家族の想いはひとつなのです。
相手に望むばかりでは、進歩がありません。
医療過誤の問題の底辺には、特別な場合を除いては、意志の疎通の欠落と、過剰な期待と依頼心があると思うのです。 ○投げで、なにもかも質問の直球を投げていたのでは、ただでさえ時間のない医師は、心穏やかではいられません。 ひとまずは、自分で調べてみる。そして、あらかたの見当をつける。その上で、医師の判断を仰ぐ。
注意すべきは、自分で収集した情報を、主治医に確認することです。
不安材料を取り除いて、気持ちから元気になっていきたいものです。
2005年2月16日 記  次は、医療訴訟問題

患者の家族として、ひとことふたこと

医師免許に更新制度を取り入れてはどうか看護師さんに、聞いてみます。 青い鳥を、つながる人たちと一緒に探すよい医者は診療において明敏、治療において賢明な人医療者を集めての、訴訟回避のための勉強会命の伴走をしてくれる透析スタッフのみなさんジェネリック医薬品で家計を救う

患者の家族の想い

以下から関心のあるタイトルを選択してくださいませ

医療者の書いた本リスト

以下から関心のあるタイトルを選択してくださいませ

こんな素敵なお医者様がいるのです

臨床を大事にされてるお医者さん!