透析生活を支えてくれる医療者の皆様にはいつも感謝

 

管理人が透析者の家族として医療現場を見つめる機会をもらい、感じたことなど綴ります(2006/11/17)

すべては患者様のために ってホントですか?

患者の利益を最優先に考えるのが、ヒポクラテスの教え。
が、現実は・・・日々の業務のことで精一杯。
しかし、あなたたちは迷いながらも、私の目にはまぎれもなくプロフェッショナルです。

医療のプロとは、どんな仕事振りなんでしょう

私は母の闘病生活を通じて、日々、医療のプロと接する機会を得ました。 眼に見えない部分、わからない部分、気付いていない部分、おっちょこちょいで、単純な私には見過ごしていることが、実にたくさんあるのだと思います。 ですので、私が見聞きしたことが、彼らの実力・能力の全てとは言えません。
今回は、医療のプロとは、どういった仕事をいうのだろうかと考えてみました。
《人を、受け入れる雰囲気》
それは、笑顔と挨拶と、洞察の力にあります。
あまりに高いテンションで、声をかけられると、心身共に弱くなっている人には逆効果。 反感と、負担と、落胆を感じさせます。 その程よい加減を自分のモノにするには、日々の観察、洞察力を養わなくてはいけません。

  《個々の対応を臨機応変に》
患者さんには、個性があります。いい意味で、不平等であることが、結果としてマルです。
それを、見過ごせない患者さんが訴えて来た時は、とことん話して理解を求めます。 中には、それを言えずに心で不満を抱え込む患者さんもいるでしょう。それを見抜いてフォローをすることを怠りません。

  《スタッフ同士 心をひとつに》
医師がスタッフに何かを依頼するとき、です。ます。だと、対等だなと感じます。
スマートさを感じます。◎◎して だとか、言い放しの依頼は、上からモノを言っている感じで相手が大切にされていないような印象を受けます。 事実は異なっていて、和気アイアイのチームであったり しますが、患者さんが接しているのは面の顔です。

安易に就く仕事ではないけれど、職種にふさわしい人になっていく

  

スタッフで、言葉の統一感があると、外来患者さんは良い印象を持つと思います。
理想は、意識の統一なのでしょう。が、これは、どのジャンルの仕事においても極めて難しい。 おいおいにして、リーダーが、暴走しがちです。 特に、医療の現場では、それが困難だと感じます。
直接、人の生死に関わる仕事は、それに関わる人たちを幸せにもしますが、不幸にもします。 この分野の仕事以外に、これほどまでシビアな職種はないと思います。
簡単には就いてはいけない仕事だと思います。

患者さんの喜ぶ顔を見るのが生きがいでは、青臭いですか

医師の資質を取り沙汰される事件が、あとを絶ちません。
これを問題視し、医学を学ぶ段階から、意識の向上を図るカリキュラムが取り入れられました。
患者さんと向き合う時間を作る・・・・でも、それを評価する医師の資質を問うとなると・・・ メディアで紹介される医師は、日野原先生といい、早川先生といい、貫戸先生といい、生まれながらに医師のような人物です。    ひとりでも多くの医療を目指す人に、偉大な医師の指導を、あるいは刺激を受ける機会があればと思います。   しかし、医師予備軍すべてが、指導を受けることは物理的に不可能です。 医療という分野は特に、他のジャンルの職業のプロを目指すにしても、大切なのは、対象となる人たちのメリットとなることを 真剣に求めて、提供することに尽きるのではないでしょうか。 メリットという言葉が、いかにも損得だけに感じるのである
なら、“幸せ”と言い換えてもいいと思います。
   人を幸せにする方法・・・・・青い鳥を、つながる人たちと一緒に見つけること。
これが、プロになるための旅の始まりなのではと考えています。
 2005年7月27日 記 次は、理想の医師像

患者の家族として、ひとことふたこと

医師免許に更新制度を取り入れてはどうか看護師さんに、聞いてみます。 青い鳥を、つながる人たちと一緒に探すよい医者は診療において明敏、治療において賢明な人医療者を集めての、訴訟回避のための勉強会命の伴走をしてくれる透析スタッフのみなさんジェネリック医薬品で家計を救う

患者の家族の想い

以下から関心のあるタイトルを選択してくださいませ

医療者の書いた本リスト

以下から関心のあるタイトルを選択してくださいませ

こんな素敵なお医者様がいるのです

臨床を大事にされてるお医者さん!