ヒポクラテスの誓い

医療者には馴染みの深い この誓い。 わたしたち患者は、この誓いのもと治療にあたってくれる医師に出会えるか否かで、運命が左右される。 と、言っても過言ではないほどの、重みがある。
ここでは、小川鼎三訳で、ご案内いたします。

ヒポクラテスの誓い

『医神アポロン、アスクレピオス、ヒギエイア、パナケイアおよびすべての男神と女神に誓う、私の能力と判断にしたがってこの誓いと約束を守ることを。
この術を私に教えた人をわが親のごとく敬い、わが財を分かって、その必要あるとき助ける。
その子孫を私自身の兄弟のごとくみて、彼らが学ぶことを欲すれば報酬なしにこの術を教える。
そして書きものや講義その他あらゆる方法で私の持つ医術の知識をわが息子、わが師の息子、また医の規則に もとずき約束と誓いで結ばれている弟子どもに分かち与え、それ以外の誰にも与えない。

1)私は能力と判断の限り患者に利益すると思う養生法をとり、悪くて有害と知る方法を決してとらない。
2)頼まれても死に導くような薬を与えない。
  それを覚らせることもしない。
  同様に婦人を流産に導く道具を与えない。
3)純粋と神聖をもってわが生涯を貫き、わが術を行う。
4)結石を切りだすことは神かけてしない。
  それを業とするものに委せる。
5)いかなる患家を訪れるときもそれはただ病者を利益するためであり、あらゆる勝手な戯れや堕落の行いを避ける。
  女と男、自由人と奴隷のちがいを考慮しない。
6)医に関すると否とにかかわらず他人の生活について秘密を守る。
7)この誓いを守りつづける限り、私は、いつも医術の実施を楽しみつつ生きてすべての人から尊敬されるであろう。
  もしこの誓いを破るならばその反対の運命をたまわりたい。』

1、医の実践を許された私は、全生涯を人道に捧げる。
2、恩師に尊敬と感謝をささげる。
3、良心と威厳をもって医を実践する。
4、患者の健康と生命を第一とする。
5、患者の秘密を厳守する。
6、医業の名誉と尊い伝統を保持する。
7、同僚は兄弟とみなし、人種、宗教、国籍、社会的地位の如何によって、患者を差別しない。
8、人間の生命を受胎のはじめより至上のものとして尊ぶ。
9、いかなる強圧にあうとも人道に反した目的のために、我が知識を悪用しない。
以上は自由意志により、また名誉にかけて厳粛に誓うものである。
それでは、ヒポクラテスさんて、どんな人物だったのでしょうか?


医師を志す者、必ず向かい合う誓い

ギリシァ時代の医聖ヒポクラテス

The Oath of Hippocrates
I swear by Apollo the Physician, and Aesculapius, and Health, and All-heal, and all the gods and goddesses, that, according to my ability and judgment, I will keep this oath and this stipulation-to reckon him who taught me this art equally dear to me as my parents, to share my substance with him, and relieve his necessities if required; to look upon his offspring in the same footing as my own brothers, and to teach them this art, if they shall wish to learn it, without fee or stipulation; and that by precept, lecture, and every other mode of instruction, I will impart a knowledge of the art to my own sons, and those of my teachers, and to disciples bound by a stipulation and oath according to the law of medicine, but to none others. I will follow that system of regiment which, according to my ability and judgment, I consider for the benefit of my patients, and abstain from whatever is deleterious and mischievous. I will give no deadly medicine to anyone if asked, nor suggest any such counsel ; and in like manner I will not give to a woman a pessary to produce abortion. With purity and with holiness I will pass my life and practice my art. I will not cut persons laboring under the stone, but will leave this to be done by men who are practitioners of this work. Into whatever houses I enter, I will go into them for the benefit of the sick, and will abstain from every voluntary act of mischief and corruption of females or males, of freemen and slaves. Whatever, in connection with my professional practice, or not in connection with it, I see or hear, in the life of men, which ought not to be spoken of abroad, I will not divulge, as reckoning that all such should be kept secret. While I continue to keep this oath unviolated, may it be granted to me to enjoy life and the practice of the art, respected by all men, in all times ! But should I trespass and violate this oath, may the reverse be my lot!


かかりつけ医履歴

当サイトについて