2004年11月から始まった透析生活も10年目に。記憶をたどります

このご飯記録は2005年当時の画像になります。現在は、もう少しやわらかめで、白米は玄米に変更 いたしました。そして、エンジョイプロテインは鉄分強化のものになります。

腹膜透析生活から血液透析に変更。それからは自宅を離れて

母のすまいからクリニックまで、私(管理人)が送迎をしておりました。 片道60キロは、さすがに疲れます。ということで、2005年夏から私と同居生活が始まりました。 そうは言っても私の家からも距離があるのです。クリニックへは16キロの道のりです。 決して近いとは言えません。もっと近くに透析をしている病院もあります。 ですが、透析スタッフさんが、ほんとうに良くしてくださるので、たぶんよほどのことでもない限りは、 今のクリニックでお世話になり続けると思います。

2005年からのメニューを、ランダムに掲載しております

ほぼ私(管理人)が担当。もともと食べることに関心がなく、料理も好きではなかったので、 たいそう苦労しました。記録は画像のみ。メニュー詳細はありません。
たまーにですが、外食もします。

腹膜透析導入スタート
腹膜透析導入のための必需品

血液透析生活

イマイチ頑張れない
病院スタッフに盛大なお見送り(05/1/31)
救急車で、岡山の病院に転院(05/3/4)
腹膜に挿入したカテーテル抜去手術(05/3/7)
骨折をし役立たずな付添い人(05/3/11)
シャント形成(05/3/22)
血液透析生活開始(05/5/1)
先端恐怖症も、いい経験

2004年11月より、たくさんの管理栄養士さんとの出会いと別れがありました

どうして?というように忽然と消えた栄養士さんもいました。せめてお世話になった お礼を伝えたかったのに。と残念な思いもしてきました。 今は、たとえ去っていかれても、今の関係を大事にし、感謝の気持ちで 向き合っていきましょう。と気持ちを切り替えました。
現在、お世話になっている管理栄養士さんは前職も病院勤務ということで、かなり 頼りにしています。長く在職していただけると患者さんは安心でしょうね。
ここで、お願いの舞いおば。ひらりん
(2014.9.2)

できるだけ長くサポートお願いたてまつります

かかりつけクリニック
過去のスタッフさん 医師とMRさん
過去のスタッフさんコメディカルさんたち


*在職*

*退職*

*現役バリバリ*

*退職*

*不明*

たくさんの医師やコメディカルが、入ってきては去り、いたしました。もう覚えきれないほど。