ホームクリニックが、増改築をいたしました。すごい!すごい!!

当日は、披露会の1時間前に、腎友会支部総会がありました。 事務局長の不祥事に関し、憤慨の声がたくさん出ました。 この腎友会という組織は、腎臓病患者さんを束ねる組織としては、もっとも大きい会だそうです。実は、あまり深く考えず入会した経緯が あり、正直 熱心な会員とは言えません。(管理人は、母の代替みたいな立場ですし)イマイチ、実際の医療ほどの関心がわきにくく・・・
さて、12時より クリニックスタッフと、患者さんたちとの お食事会が始まりました。間で、技士長さんの スーパーマジックや、新人さん いらっしゃい、送迎スタッフのタップダンスなど・・・愉しませていただき、おなかもいっぱい。いい時間を過ごすことができ、ちひろも 大満足 でした。
 みなさん、お心遣い ありがとうございました。

増改築祝賀会

画像は、故意に加工して、わかりにくくしています。患者さんのお顔は、はっきりとはお見せできませんので。一番上は、スタッフ勢ぞろいの図。
もちろん、もっともっとたくさんいます。総勢50名くらいかなぁ〜。 ちひろが、2004年11月より お世話になっております かかりつけクリニックが大きくなり、ますます 楽しい空間へと進化しました。 とは言え、辛口発言をしますれば、進化したのは 器・・・ハードの部分です。ソフトの方はといえば、それは まだこれからです。 我々 患者と、患者の家族が、それを実感するには、もう少し経過を見てみないとわかりません。
が、院長先生である ドクターSは、信念の人です。
いつも 患者さん最優先を実践してきた人間です。 少しは、ご自分のことも考えてください。と、言わしめるぐらい、患者さんに一生懸命な先生です。
その先生の想いが反映した今回の増改築です。
新人患者と、その家族としては、詳しいことはわかりませんが、かねてより長いお付き合いの患者さんの中からは、増築の希望が出ていたようです。 しかし、新境地にオープンしたその後、たった2年あまりでの増築とは・・・ドクターSの手腕には、驚くばかりです。
あれよあれよと言う間に、スタッフも増殖しました。
過渡期に入れ替わりの様子も、見届けました。
医療を心ざす人として、ひとくくりにできない いろんな人間模様を見させていただきました。
まったく違う世界の仕事しか知らないわたしには、ただただ たいへんのイメージしかありません。この世界の仕事に生きがいを見出せる人と言うのは、やはり 人が好きなのです。
人のお世話が苦にならないのです。
こんな心根の優しいスタッフに囲まれ、患者さんが癒されないわけがありません。

さらに、クリニックでは、こんなことも取り入れました。

○初夏オープン予定
ゲルマニウム温浴 
(クリニック内で、季刊されている 冊子より抜粋)
高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化、低体温などに効果あり

○外来 院内情報を映像にておとどけ
パステルカラーの扉が、目にも心にも優しい(管理人の感想)
○透析室 ベッドは固定(自分のベッドが決められている)
休憩室に、和風の装い
○IT化による診療支援システム導入
○スーパー次亜水噴射器設備(感染予防)
○千秋育子さんのイラストは、ますます 和ませてくれますよ!!
続いて、旧館も 楽しい施設に変身するようで、期待できます。

妥協しないで、いい環境で治療に臨んでください

 

最近の調査では、子どもさんの糖尿病が増える傾向が出ています。
透析に至るまでに改善されるのが、一番 望ましいことだと思います。
しかし、努力及ばず透析にいたったとしても、ガッカリしないでくださいね。特殊な環境ではありますが、希望に燃えた臨床工学技士さんや、癒しの看護師さん、知性と決断力のある医師が、必ず あなたを サポートしてくれます。
そういう施設を捜してください。
長いお付き合いになる 透析スタッフさんたちです。
こんなもんかなーと、妥協しないで、いい環境で治療に臨んでください。 私の場合は、母が 血液透析をしています。今のクリニックに落ち着くまで紆余曲折ありました。他の施設を知っているからこそ、今の環境に満足し、感謝することもできます。そして、受身でばかりいてはいけないと、自分たちを奮い立たせることもできるのです。 透析患者に限ったことではないでしょう。
どんな状況にいても、自分が動けば、いつか福と出逢うことができます。待っていては、何も起きません。 と、自分にも言い聞かせつつ・・・
最後まで読んでいただいて ありがとうございました。
2005/4/3 みさと記  2014/9/14 加筆

せんしゅう(千秋)さんというチャーミングなイラストレーターさんというか、 アーティストさんがクリニックのアートを手がけてくださいます。 この方の、関西弁に特化したアイテムが、人間味あふれてなかなか良いのです。 良かったら手にとってごらんになってくださいね。 わたしは、この中のトランプと、本を持ってますby 管理人
関西人の取扱説明書 トランプの画像はありませんわ。