効果のあるサプリメントに出会えて腸内環境良好。家庭円満

 

●下剤が不要に
●リン吸着のお薬リオナの副作用である下痢症状緩和
●便臭に変化があり心理的介護負担が激減
●便潜血検査が陰性に
●飲む前は、イレウスや帯状疱疹に。以降は特にトラブルなし
透析をしている母は、薬の副作用や食生活から決して腸内環境が良いとは言えない状態でした。 でした。と、過去形で言えるのは、この悩みを、ほぼ解決してくれたサプリメントに出会えたからです。
ちょこっとばかし免疫力もついたかもしれません。ヾ(*'∀`*)ノ(2016/6/28記)

森下仁丹さんの透析患者仕様ビフィズス菌HDサプリのおかげ

 

【森下仁丹さんのビフィズス菌HD】
それは、一般社団法人 全国腎臓病協議会の会誌で知ることとなりました。
購入する前にお世話になっている透析科の管理栄養士さんに相談しました。
管理栄養士さんは患者さんに照会するまえに味見をしているようでした。
甘酢っぽくておいしいですよ(^^ということで、これなら飲みやすいかもと直感しました。
相談した当日、管理栄養士さんからは試供品を提供していただきました。

3ヶ月続けてみて継続を考えてみよう

 

スキンケアは肌のターンオーバーを考えて最低でも1ヶ月は使ってみます。
サプリメントは、最低でも3ヶ月は使ってみて様子を見るというのが我が家の鉄則です。
もっとも、サプリメントフリークは娘の私で、母のほうは透析をしているということで、非常に 慎重に吟味をしています。
これまでも、試供品を取り寄せ、パンフを検討してきたサプリや食材、処方食は数知れず。 タンパク質強化食品は比較的簡単に良いものが見つかりました。が、 サプリメントは、難しいなというのが、率直な感想です。本品を購入して継続して飲み始めたサプリメントは、森下仁丹さんの ビフィズス菌HDが初めてです。それが、実感を伴い大正解だったのは、めちゃくちゃ嬉しかったです。ヾ(*≧∀≦)ノ゙

リンやカリウム含有量が少なく抑えて透析患者さんのために開発

そもそもサプリメントは、普段不足している栄養素を補うことが目的の商品です。 医薬品ではないので、劇的な効果効能はありません。 ですので病名がつくような疾患をお持ちの患者さんが医薬品のような効果を期待して飲むのは間違いです。
対象は、おおむね健康であるひとが多いのです。 そんな中にあって、森下仁丹さんは、透析患者さん向けにビフィズス菌サプリメントを 開発したということには、心底驚かされました。 そして、単純に素直にうれしかったですね。 これは試してみない手はありません。

長い便秘で摘便のつらさ、下剤で粗相のストレスもほぼ解消

便潜血検査で腫瘍マーカーが上がり、大腸がん検査の必要を主治医から薦められていました。 これがつらかったですね。それまでも摘便に胃腸専門医院を受診すれば、かかりつけ医院で やってもらいなさいと言われるし、かかりつけ医院では、訪問看護でお願いしてください。と、言われますし、 でも訪問看護は利用していないので、本当に情けなかったです。
逆に下痢になることもあります。これがまた、老親にも介護をしている私にもキツイ後始末となりました。 さらに、ガン検査です。
内視鏡検査は、母は絶対したくないと言います。 私も、検査を受けるまでの準備を思うと無理だろうなと判断しました。 そこで、腸を元気にする何かいい方法はないかと図書館やネットで調べまくりました。

腸内フローラのバランスを整えて快食快便快腸習慣

発酵食品が体に良いことは知っていました。でも、お漬物も味噌汁も辛いし、牛乳はリンが高い。ヨーグルトも そうです。ヤクルトは飲んでいたのですが、冬場は冷たくて飲みにくくなっていました。 そこで、植物性乳酸菌を探しました。ここにいたるまでに、とっかかりは光岡知足先生の著書でした。 先生の著書をほぼ一通り読んで、プロバイオやプレバイオのことも理解できるようになっていました。 乳酸菌について、もう少し知りたくて、今度は広島大学大学院 医歯薬学総合研究科 遺伝子制御科学教室の杉山政則教授 の著書を読みました。
発酵や酵母・酵素についての興味も出てきました。そして、ちょっぴり大きい排泄物への苦手意識が減ってきました。

医療者推薦のサプリメント

医師の中には、健康食品には期待できないと考える方、積極的にサプリメントを照会する先生と いらっしゃいます。問題は、医師が推薦するから飲むという短絡思考です。 本当に医科向けに開発されたサプリメントもあれば、怪しげなものもあります。 推薦している医師を信頼しているから飲むというのであれば、もしかすると良い影響があるかもしれません。 なにはともあれ、まずは自分でしっかりと調べて、そして、自分に必要なものなのかどうかも 考えてみることが大事です。
森下仁丹さんのビフィズス菌HDサプリメントは、透析学会でも推奨されていますので安心です。 とは言え、透析のお仲間の中には、手ごたえが感じられなかったという方もいらっしゃいます。
3ヶ月を目安に試してみられるといいと思います。

サプリメントアドバイザー

健康食品を開発している企業や、販売店にもサプリメントアドバイザーという専門家が います。いま、このライセンスは3種あるようです。
いずれにしても自社商品のことを悪く言うアドバイザーはいません。 できれば公平で中立な立場にある専門家の意見を聞いてみることが大事です。 その点では、透析病院の管理栄養士さんは頼りになる存在です。
ちなみに、先に書きましたサプリメントアドバイザーとは、次のような専門家になります。
レポート提出で取得できるものには、サプリメントコーディネータ・サプリメントコーディネータ・サプリメントアドバイザーが、あります。
試験に合格してはじめて取得できる資格には、以下のものがあります。 関連臨床学会にも参加できることから、目指すとしたらこちらがお奨めです。
健康食品管理士 http://www.ffcci.jp/健康食品管理士認定協会認定
サプリメントアドバイザー http://www.jcna.jp/日本サプリメントアドバイザー認定機構認定
栄養情報担当者(NR)https://hfnet.nih.go.jp/(独)国立健康・栄養研究所認定

腸内善玉菌力UP参考図書

おもに乳酸菌や発酵食品のことに触れています。わたしは、ほとんど読んでみました。
ビフィズス菌は大腸にいるそうですね。次に飲むとしたら乳酸菌生成エキスかなと思います。これが、けっこう 高額なのです。需要が増えればもう少し買い求めやすくなるかもしれないのですが。

SUPERサイエンス 腸内細菌の驚愕パワーとしくみ
人の健康は腸内細菌で決まる −善玉菌と悪玉菌を科学する― (知りたい!サイエンス)
実験医学 2016年4月号 Vol.34 No.6 明かされる“もう1つの臓器" 腸内細菌叢を制御せよ! ?宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際、バイオベンチャーの動向まで

 

たとえば透析と入れてみてください。かなりヒットします。

医療者の書いた本のなかで人気のあるもの


森下仁丹さんのサプリとは



●商品名・ビフィズス菌HD
●剤形状・顆粒状のカプセル
●内容量・30包(1か月分)
●包装・アルミスティック紙箱入り
●お値段・1020円(2014年に改訂)
販売店舗により送料が発生。支払方法により振り込み手数料が必要になります。
全国腎臓病協議会様では1020円になっています。

森下仁丹さんのサプリ最新情報

処方の内容が2015年12月に変更になった旨、森下仁丹さんより お知らせいただきました。すこし見難いのですが、透析者のことをご配慮いただいて いることが感じられるやさしい変更です。 あえて、変更前と変更後を記載しました。


このライン表示は、変更後に使用されなくなりました。
現在の処方では含まれていません
こちらは、変更された配合成分になります。
こちらは、新たに追加された原材料になります。
●栄養成分・1包0.5g当たり⇒1包0.51g当たり
エネルギー1.8kcal⇒1.7kcal
タンパク質0.0044g/脂質0.14g/炭水化物0.39g⇒タンパク質0.049g/脂質0.13g/炭水化物0.32g
ナトリウム0.23mg/カリウム2.0mg/リン0.58mg⇒食塩相当量0.00042g/カリウム0.18mg/リン0.37mg
腎不全になるとカリウムやリン摂取に制限がかかります。それぞれカリウムの1日の目安は1500 mg以下 リンは1日800 mg以下になります。が、個人差があります。 生来、カリウムもリンも低い透析のお仲間もいらっしゃいます。 そういう方が制限しますと透析治療でも除去されますので、低値になり危険です。 管理栄養士さんとご相談されますようにお願いいたします。
(カルシウム0.069mg カルシウムは現在の処方では含まれていません
ビフィズス菌20億個
オリゴ糖0.11g/塩化ナトリウム0.58mg塩化ナトリウムは現在の処方では含まれていません
●原材料名・エリスリトール・食用油脂・オリゴ糖( ラクチュロース、ラヒィノース)・ マルトデキストリン・ビフィズス菌末・グリセリン・増粘多糖類・乳化剤・酸味料・ 微粒酸化ケイ素・ph調整剤・着色料(クチナシ・カロチノイド)・香料・塩化カリウム・ 塩化カルシウム・原材料の一部に大豆、乳成分を含む。
【変更後】
●原材料名・エリスリトール・食用油脂・オリゴ糖(ラフィノース)・ ゼラチン・ビフィズス菌末(乳成分を含む)・グリセリン・乳化剤(大豆由来) ・酸味料・増粘剤(ペクチン)・香料・着色料(クチナシ・カロチノイド)
※やはり、見難いので別ページで表示したいと思います。 しばらくお時間を頂戴いたしますこと、ご了承願います。
※ビフィズス菌HD情報をご覧いただいた透析者さんが さっそくご注文くださったようです。
ありがとうございます。(2016.7.1追記)

森下仁丹さんのこと

森下仁丹さんと言えば、ジンタンですね。 うちの亡くなった父親はエチケットアイテムとして、いつも背広にジンタンを 忍ばせていました。なので、母も森下仁丹さんのサプリメントに親しみを覚えたようです。 創業は、明治28年。西暦で言うと1893年です。現在が2016年ですので、123年を迎えます。 父が携帯していた仁丹は1905年発売です。 懐中薬 仁丹という位置づけだったようです。
現在、医薬品・医薬部外品・体温計などの医療機器やサプリメントを提供しています。
そして、調べていてはじめて知ったのですが、森下仁丹奨学会という奨学金制度を運営しています。 いま、国に借りた奨学金が返却できないということで社会問題になっていますね。 こういう制度を企業も導入していたとははじめて知りました。 平成27年3月末日現在 38名の学生がこの制度を利用し在学しているそうです。
コーポレート・スローガンは「百年人生を応援する」です。
すでに100歳を超えてなお、お元気な新高齢者がたくさんいらっしゃいます。 日野原先生によりますと、医学的には人間120才まで生きれるそうです。 近い将来は、森下仁丹さんのスローガンも塗り替えられるかもしれません。
健康食品会社は林立しています。見極めは難しいですが、会社の歴史や背景や社会貢献情報などを 知ることも選ぶ指標になると私は思います。
わたしたちは森下仁丹さんのサプリメントに出会えてラッキーです。
ひとつ、大事なことを書き忘れてしまうところでした。 困ったことなど、電話やメールでアドバイスしていただけます。 売りっぱなしではないことや、サプリメントの専門家がいてくださることも大いに助かっています。

ビフィズス菌HDの購入先

楽天市場でも購入できます。
そのほか健康食品の通販でも買えます。 うちは、全腎協に電話をして、まとめ買いをしています。